防災に役立つ 食品用ラップフィルム!

普段、食品の保存に活躍しているラップフィルムですが
そもそもは、軍事用に開発された商品だったということをご存知でしょうか?

20世紀初頭に軍事用として開発されたラップは
・靴の中敷きとして使用し、足がぬれることを防ぐ
・太平洋戦線での蚊の対策として
・銃や弾丸を湿気から守る

などの目的で使われていました。
その後戦争が終結した1940年代後半からラップは食品保存用に使われるように
なったのです。

さて、ラップフィルムは防災時にはこんな使い方もできます!
・お皿に敷いて洗い物を無くす
・傷口に充てて湿潤療法に
・骨折やねんざ時に包帯や三角巾代わりに
・汚物を包んで臭い防止に
・タオルを当ててラップをまいて簡易おむつに
・寒いときに体に巻いて防寒対策に

色々役に立つので是非防災備蓄品に加えておくことをお勧めします!

関連記事

  1. 多言語拡声装置 メガスピーク

  2. 災害時に体調が悪くなった場合は

  3. 熱中症対策に、通気性抜群のクリマスク!~熱中症アラート開始

  4. 防災とボランティア週間

  5. 【災害時に役立つリンク集】携帯電話、スマホは命綱!

  6. 100円ショップは防災用品の宝庫〜気軽に始めよう減災