積み付け一工夫

商用施設や公共施設で、大量の備蓄を仕入れ、さぁ保管だ!という時に

なって困ることがあるかと思います。何がって、

防災備蓄品は意外にスペースが必要

という現実です。個人的には棚などを予め用意されることを

おすすめしたいのですが、なかなか難しいですよね。どうしても

狭い範囲に段ボール箱を積んでいく(積み付け)作業が出てきます。

この際に気を配っていただきたいのが二点。

①段ボールは湿気に弱い

②なるべく安定させて綺麗に積んでいく。

①はわかりやすいかと思います。紙ですから。長期間の保管が必要な場合、

防災備蓄品でなくても、床に直置きは基本的に避けましょう。

②はちょっと複雑です。

先ず、重いもの(水とか)を最下段にしましょう。重量物を上部に乗せると

たいてい荷崩れをおこします。

次になるべく組をつくる(偶数段と奇数段の並べ方を変え崩れにくい状態を

つくる)等して積み付けをしましょう(交互列積み付けやピンホイール積み付け)。

また段ボールの角を合わせて積んでいくようにしましょう。

これで大分荷崩れの心配が減ります。

組を作れないほど狭く、棒積みあるいはブロック積しかできないような場所

では、なるべく2列以上で積み付けを行い偶数段の高さを揃えるようにした後、

大きめの段ボールやベニヤ、プラダン等を挟んで下段の重さが一か所にかからない

ようにしましょう。大分の荷崩れの可能性が減ります。

どうせ防災備蓄倉庫には人も来ないし、そこまで気にしなくても…という

認識はかなりあまいです。

積み付けをいい加減に行うと、いざ必要という時に荷崩れを起こしていて

防災倉庫の扉が開かず防災備蓄が使えない。荷崩れで道具がとれなくて災害本部設営が

できない。等々、災害対応の初動時点での問題を誘発するようなもの、と想定し

積み付けに工夫をしておきましょう。定期的なメンテナンスでは積み付けに問題が

無いかチェックし、問題があるようならば暫時対応してください。

ちょっと細かい部分ですが、参考になればさいわいです。

 

関連記事

  1. 阪神淡路大震災から25年・・・大事なのはご近所の力でした

  2. ついに緊急事態宣言!何が起きるのか?

  3. JFN系列ラジオ『OH! HAPPY MORNING』にて人気おすすめ…

  4. 被災時に会社に泊まる?

  5. 角質対策とか

  6. さすまた