携帯可能な一時避難セットを持とう。

減災/防災の意識が東日本震災以降、ずいぶんと高くなりました。

家に備蓄品があるのも珍しくなくなった気がします。

意外に無いのが、普段から防災グッズを持ち歩く習慣です。

災害は突然やってきます。

出先で被災された場合にも備えてほしいのです。

簡単で携帯可能なものでもかまいません。

イメージ的には、成人男性の握りこぶし~長財布程度の容積で用意できるものです。

商品で言えば、圧縮タオルや軍手、サーマルシート/ハイブリットシート、

サイコール等の笛、マスク、K/H型のLEDなどです。

何故、携帯が必要なのでしょう?。

前述したとおり、災害は何時何処で起きるかわかりません。

そして出先での被災後、避難所までの道のりが安全であるとは言えません。

避難所がどこかはっきりわかるところではないかもしれません。

会社で用意している帰宅支援セットも無いでしょう。

私は少しでも安全な移動をしていただきたいのです。

読者の皆様、

自分の生活パターンや出先の地域、季節などもふまえ、ぜひ

この機会に考えてみてください。

関連記事

  1. 防災キャンプの実施

  2. ネットランチャーってご存じでしょうか?

  3. JFN系列ラジオ『OH! HAPPY MORNING』にて人気おすすめ…

  4. 防犯用の砂や砂利の話

  5. 家でも体を動かそう

  6. 「発電機を買う。」私はこれを買いました!