避難所での運動

避難所等で滞在が長くなるといわれるようになるのが

感染症と運動不足。

感染症の対策は、感染経路からある程度考えられるとして、

運動不足はどうしましょう?

知識のある方がいれば良いのですが、漫画でもなければ

そうそう都合よく登場してはくれないでしょう。

周囲の目が気になる人もいるかもしれません。

激しい運動はできない人もいます。

軽めの運動で、さほど人の目がきらないものといえば

個人的には散歩です。

先ず歩くことから初めてみましょう。

足先を握って開いてをするだけでも効果があるとのことなので

外出が不安な方はこちらを行ってください。

軽めのストレッチや準備運動程度でもOKです。

それも難しい(恥ずかしい)状況ならばマッサージなどを行ってください。

何故このようなことが必要なのでしょうか?

長時間同じような姿勢でいると、血流がわるくなり血の塊が

でき、痛みや腫れを引き起こすと言われています。

エコノミー症候群とも呼ばれる病気です。

重度な場合、死亡するケースもある病気です。

避難所では、同じような姿勢が続くケースが想定できます。

上記のようなことが起こることを防ぐ意味でも、軽めの運動を実施

していきましょう。

運動は生活リズムをとりもどすきっかけにもなりますし、精神的な負荷

も軽減(ストレス発散)してくれる効果もあり、筋力維持にも効果があります。

運動が苦手な方や肥満症の方や高齢の方は、普段からお医者さんに

相談しておくとよいと思います。

因みに私個人は、防災用品の中に7~10Kg程度の負荷をかけることができる

ゴムチューブを入れてます。

関連記事

  1. 災害続きの千葉… 車が水没したら!?

  2. 防犯スプレー

  3. 救急箱の中身を確認してますか?

  4. 防災ショップオープンしました

  5. 本年最終回~今年も大変お世話になりました

  6. 保温対策としてのサウナベルト