身近なものを利用しよう

骨折や捻挫は病院での医師の診断が必要です。

ただし、すぐに病院に行けない場合は固定して動かさないことが重要です。

身近なものを添え木として使うことができます。

指を骨折や捻挫した場合はボールペンを添え木として輪ゴムで固定しましょう。

腕を骨折や捻挫をした場合は丈夫な段ボールを添え木として利用して、ネクタイで固定しましょう。

関連記事

  1. TANAOROSHI棚卸~年末の大掃除のついでに期限チェック!

  2. 防犯ブザー

  3. 盾 ・ 防御盾

  4. 三和BCP(事業継続計画)を作ることにしました。その①

  5. 子供達に公衆電話の使い方を教えましょう!

  6. コロナウィルスにはどう対処する!? マスクの有効性について