被災時に会社に泊まる?

9年前の震災時。

都心の方は電車も車も動かず、やむなく会社に泊まることを

選んだ方も多いかと思います。

被災直後は特に電気の使用制限はなかったので、空調も照明も

点けた状態で一夜を過ごしていました。ただし今ほど備蓄の意識が

無かった時代なので、会社に備蓄が少なく食べるものがお菓子くらい

しかない、という状態が起きました。

本当にコンビニからカップ麺がなくなるレベルで。

何故かお菓子はあるんですけどね。

それではお腹はふくれませんし、栄養もありません。

脂肪にはうれしいかもでしょうが、わたしうれしくない、みたいな。

話をもとへ。

被災時に会社に泊まる場合、食べ物と照明、トイレ対策と防寒対策が結構重要だと思います。

いざという時の為に、これらが会社にちゃんとあるか?は確認しておきましょう。

食べ物は多少面倒でも温められるものがお勧めです。

三和商事では年に一度は防災キャンプを実施。やや過酷な環境(寒い、暗い、冷たい(雨とか視線とか))

で実施しておりますが、温かい食べ物と飲み物は本当に一息つけます。携帯型のガスコンロとかも

良いですが、おかんきもスペースもとらず使い捨てできて便利です。一息つけば冷静になれます。

次の行動を間違えない為にも、ここは少し贅沢をしたいところです。

トイレ対策と防寒対策は専用グッズやツールで対応した方が良いと思います。

因みに弊社ではTVでも取り上げられたくるくるトイレや、小ささが売りのささっトイレなども

ご用意しております。ご利用ください。

照明は明るいにこしたことはありませんが、足元を照らせる程度は確保してほしいです。

ビルなどの施設内で被災時に停電になった場合、行動できる幅が一気に狭まりますので。ルミナスライト

程度でも大丈夫でしょう。

会社に泊まる?かを判断する前にはたいていの場合、一度外に避難しているはずです。

会社や施設管理会社の方に、上記の事柄を確認してから状況判断されることをお勧めします。

関連記事

  1. 三和防災キャンプ

  2. 災害続きの千葉… 車が水没したら!?

  3. 万全な感染症対策

    観光地も閑散、、、必死の感染症対策

  4. こんな資格があるの知ってますか?

  5. 防災頭巾について

  6. 休みの日にとある場所で