被災時に会社に泊まる?

9年前の震災時。

都心の方は電車も車も動かず、やむなく会社に泊まることを

選んだ方も多いかと思います。

被災直後は特に電気の使用制限はなかったので、空調も照明も

点けた状態で一夜を過ごしていました。ただし今ほど備蓄の意識が

無かった時代なので、会社に備蓄が少なく食べるものがお菓子くらい

しかない、という状態が起きました。

本当にコンビニからカップ麺がなくなるレベルで。

何故かお菓子はあるんですけどね。

それではお腹はふくれませんし、栄養もありません。

脂肪にはうれしいかもでしょうが、わたしうれしくない、みたいな。

話をもとへ。

被災時に会社に泊まる場合、食べ物と照明、トイレ対策と防寒対策が結構重要だと思います。

いざという時の為に、これらが会社にちゃんとあるか?は確認しておきましょう。

食べ物は多少面倒でも温められるものがお勧めです。

三和商事では年に一度は防災キャンプを実施。やや過酷な環境(寒い、暗い、冷たい(雨とか視線とか))

で実施しておりますが、温かい食べ物と飲み物は本当に一息つけます。携帯型のガスコンロとかも

良いですが、おかんきもスペースもとらず使い捨てできて便利です。一息つけば冷静になれます。

次の行動を間違えない為にも、ここは少し贅沢をしたいところです。

トイレ対策と防寒対策は専用グッズやツールで対応した方が良いと思います。

因みに弊社ではTVでも取り上げられたくるくるトイレや、小ささが売りのささっトイレなども

ご用意しております。ご利用ください。

照明は明るいにこしたことはありませんが、足元を照らせる程度は確保してほしいです。

ビルなどの施設内で被災時に停電になった場合、行動できる幅が一気に狭まりますので。ルミナスライト

程度でも大丈夫でしょう。

会社に泊まる?かを判断する前にはたいていの場合、一度外に避難しているはずです。

会社や施設管理会社の方に、上記の事柄を確認してから状況判断されることをお勧めします。

関連記事

  1. 盾 ・ 防御盾

  2. 初期消火対応 消火器

  3. 身近なものを利用しよう

  4. ネットランチャーってご存じでしょうか?

  5. 本年最終回~今年も大変お世話になりました

  6. 防犯用の砂や砂利の話