ついに緊急事態宣言!何が起きるのか?

2020年4月7日 17時に緊急事態宣言が出されました。

東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県で期間は5月6日までとされています。
併せて、納税・保険料の猶予期間を設けるなど対策を行っていくことやロックダウン(都市封鎖)は行わないということが伝えられました。

この緊急事態宣言が出されたことで、今度私たちの生活はどのように変わっていくのでしょうか。

緊急事態宣言が発令されると。。。

この宣言がされると、対象の都道府県知事は以下の3つを行うことができます。
①感染拡大の防止
・外出自粛の要請
・学校や集会所などの使用制限
・イベントの中止
②医療体制確保のための措置
・受診するための医療提供や、医薬品の販売
・臨時医療施設開設のための土地、建物の借り上げ
③国民の生活を安定させるための措置
・ワクチンなどの緊急物資を輸送するよう指示
・特定の物資の売渡指示

弊社では今非常に品薄になっている衛生用品の取り扱いも行っているのですが、その仕入れ先に厚生労働省から在庫確認の連絡があったそうで
今後商品が市場に回ってこない可能性があります、、、

これまで感染拡大防止のために行われてきた「自粛要請」が今後は強制に近い形で行うことができるようになります。
また、特定の業界・業種によっては営業中止の指示を受ける可能性があります。

クラスターになりかねないスポーツジムやライブハウス、クラブなどについては営業自粛を指示される可能性があるでしょう。
今まで休校になった学校の代わりにと営業を続けてきた学習塾も、大規模店に関してはその対象になっています。

ただ食料品や小童用品などの販売店や、ライフラインにかかわる事業者は業務を継続することができる見込みです。

私たちはできるだけ落ち着いて、マスクや手洗い、手指消毒など各自感染拡大防止を行い、感染リスクを下げることを心掛けていきましょう。
弊社も社一丸となって皆様の感染防止に貢献できるよう衛生用品の提供を続けてまいります

関連記事

  1. 災害続きの千葉… 車が水没したら!?

  2. 【防災クイズ】地震情報や速報で発表される「震度」 どこの組織が決定して…

  3. 防犯スプレー

  4. 災害時のゴミ問題はこれで解決!「SmartAsh」

  5. 身近なものを利用しよう

  6. 盾 ・ 防御盾