備蓄品の置き場所の変遷

なんぞ仰々しいタイトルをつけてしまいましたが、ライトに書きます。

一昔前にはご家庭に避難セットを置く場合は、必ずと言っていいほど

すぐに持って逃げられるところ(玄関や靴箱のなか)に置き、それと

わかるものに入れておく(銀色の避難セットとか)こと、というのが主流でした。

現在は結構オシャレなものや部屋に置いて飾れるもの、いろいろと種類が

出ております。

中に入っているものも懐中電灯がLEDライトになったり、ラジオも手回しに

なっていたりと軽く携帯に負担がなく便利になっています。

私が例で恐縮ですが、個人的に家では自室にいることが多いので、本棚に入るサイズの

備蓄品が好きですね。メンテナンス(定期点検)もサクッとできます。量が無いのが

難点ですが、すぐに手に取れるというのが良い点です。まぁ自室なので、

中身はブックボックスに入れ替えましたが。

このように最近は「すぐ手に取れて、飾っていて違和感がないもの」という

備蓄品セットが増えています。軽く小さい商品が増えたおかげなのか、ライフスタイルの

変化なのか(部屋が狭いとか)、いつもいる場所に置いておける備蓄品という感じに

変わってきているのかもしれません。

因みに弊社でもBiboという商品を展開しておりますので、

選択肢の一つにいれていただければと思います。

関連記事

  1. 監視カメラあれこれ

  2. 見回り時の照明について

  3. 3.11を省みて

  4. 「発電機を買う。」私はこれを買いました!

  5. 防犯も視野にいれた行動を。

  6. サバイバルゲームでも人気の一品!