チョークサイン

日本では余り知られていない動作ですが、

チョークサインというものがあります。

自分で自分の首を絞めているようなポーズをするのですが、

これ、なんのサインかと言うと、

気道閉塞(窒息)しています、

と言うサインです。餅がのどにつまったとかの時に使い、

周囲の人に助けを求めているサインです。

このようなポーズをしている方がいたら、声をかけ状態を見ながら

適切な処置をしましょう。

処置の仕方で習うのが2通り。

少し背中を丸めた状態になってもらい背中を叩いて遺物を除去する方法。

もう一つが、

後ろから抱きしめるようにして、みぞおちのあたりを勢いよく突き上げる方法。

私はそういったシチュエーションに遭遇したことは無いのですが、

習った時には、どちらも思いっきりやるように言われました。

特に後ろから行うものはアバラ骨が折るくらいの勢いでも良いと言われたことを

覚えております。

対処/処置の仕方はともかく、ここでは

チョークサインというものがあることを覚えてください。

関連記事

  1. 備蓄品の置き場所の変遷

  2. 積み付け一工夫

  3. 防災キャンプの実施

  4. 家でも体を動かそう

  5. はしごを使う

  6. 「発電機を買う。」私はこれを買いました!