はしごを使う

何処の施設にもはしごはあると思います。

はしごと言えば、高いところに上る時や手の届かない場所のものを

取る時なんかに使いますが、ちょっと意外な使い方もあります。

時代劇の捕り物なんかで見たことがあるかもしれません。

そう、

暴漢を押さえ込むのに使います。使い方はいたって簡単で

二名で両端をもって壁や地面に押さえつけます。

使うのはそこそこ長いはしごです。

これ意外と動けません。腕や頭をはしごの間に入れられてしまうと

なかなか痛かったりもします。

こんなことをしなければならなくなる前に安全なところに退避していただきたい

のが本音ですが、もしもの時に。

関連記事

  1. 防災展示会でのお客様の声

  2. 三和防災キャンプ

  3. 不審者対応の思い出

  4. 「発電機を買う。」私はこれを買いました!

  5. 備蓄品を購入しました、その後は?

  6. 乗車時の防犯