【防災クイズ】「やや強い風」と「非常に強い風」の違いって…何だろう?

天気予報で使われる「やや強い風」とは風に向かって歩きにくく、傘がさせないほどの風の強さを指します。では「非常に強い風」とは何でしょう??

A.何かにつかまっていないと立っていられない状態。
B.飛来物によって負傷する恐れがある。

正解は
.
.
.
.
A・Bどちらも正解です!
「非常に強い風」は平均風速20以上30未満を指します。
人への影響として、何かにつかまっていないと立っていられない状態。さらに飛来物によって負傷する恐れがある状態を「非常に強い風」と発表します。

アクセス

関連記事

  1. 積み付け一工夫(棒積みの場合)

  2. 消火器にも期限があります!

  3. 熱中症対策に、通気性抜群のクリマスク!~熱中症アラート開始

  4. いざという時にはしごを防犯に。

  5. コロナウィルスにはどう対処する!? マスクの有効性について

  6. 災害が起こった際、ペットはどうする?